Hib(ヒブ)感染症の定期予防接種について

定期予防接種の対象者等

生後2か月から生後60月に至るまでの間

接種スケジュール

接種回数及び間隔は、接種を開始する年齢によって異なります。

保護者の方は、予防接種の必要性や副反応についてよく理解したうえで接種を受けさせるようにしてください。

接種には、乾燥ヘモフィルスb型ワクチンを使用します。

ヒブワクチンの接種開始月と接種スケジュール
接種を開始した時期回数接種間隔接種回数
生後2月〜7月に至るまで初回接種生後12月に至るまでの間に27日(医師が必要と認めるときは、20日)以上の間隔をおいて3回4回
追加接種初回接種終了後7月以上の間隔をおいて1回
生後7月に至った日の翌日〜12月に至るまで初回接種生後12月に至るまでの間に27日(医師が必要と認めるときは、20日)以上の間隔をおいて2回3回
追加接種初回接種終了後7月以上の間隔をおいて1回
生後12月に至った日の翌日〜60月に至るまで1回接種する1回

生後2か月から生後7か月に至るまでに接種を開始したお子さん

  • 初回接種は、生後12月に至るまでの間に、27日以上の間隔をおいて3回接種します(ただし、医師が必要と認めた場合は、20日の間隔で接種することができます)。
  • 追加接種は、初回接種終了後7月以上の間隔をおいて1回接種します。
  • 初回2回目の接種が生後12月に至るまでに行えなかった場合には、1回目から27日以上の間隔をおいて追加接種を1回行って終了となります(合計2回接種)。
  • 初回3回目の接種が生後12月に至るまでに行えなかった場合には、2回目から27日以上の間隔をおいて追加接種を1回おこなって終了となります(合計3回接種)。

標準的な接種スケジュール(おすすめの接種時期)

  • 初回接種:27日から56日までの間隔をおいて、生後12月に至るまでに3回
  • 追加接種:初回接種終了後、7月から13月までの間隔をおいて1回

生後7か月に至った日の翌日から生後12か月に至るまでに接種を開始したお子さん

  • 初回接種は、生後12月に至るまでの間に27日以上の間隔をおいて2回接種します。(ただし、医師が必要と認めた場合は、20日の間隔で接種することができます)。
  • 追加接種は、初回接種終了後7月以上の間隔をおいて1回接種します。
  • 初回2回目の接種が生後12月に至るまでに行えなかった場合には、1回目から27日以上の間隔をおいて追加接種を1回行って終了となります(合計2回接種)。

標準的な接種スケジュール

  • 初回接種:27日から56日までの間隔をおいて2回接種
  • 追加接種:初回接種終了後7月から13月の間隔をおいて1回接種

生後12か月から生後60月に至るまでに接種を開始したお子さん

1回接種をします。

問合せ先

川崎市予防接種コールセンター
電話 044-330-6940
ファクス 044-330-6941
受付日時:午前8時30分から午後5時15分まで
月曜日から金曜日(祝日、年末年始除く)

お問合せの際は、母子健康手帳をお手元にご用意ください。

問い合わせ先

健康福祉局 保健所 感染症対策課 健康危機管理担当
〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。
電話:044-200-2440
ファクス:044-200-3928
メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp

戻る

このページのトップへ

ホーム > 川崎市からのお知らせ > Hib(ヒブ)感染症の定期予防接種について

関連サイト